最高の曲は作ったけど、その後は?

EDMプロデューサーの皆さんの中には、「FL Studio テンプレート Proなどを利用し、やっと満足できるクオリティの曲を作れた!」という方も出てきているかと思います。ただ、自分のオリジナル曲が完成したのに、「でも、聞いてくれる人がいないんだけど!」と悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回からは、全11回で、日本の個人プロデューサーが、世界中のファンに曲を聞いてもらう方法=マーケティングのやり方を解説していきます。

今回は、#1 音楽業界の仕組みを理解しようということで、EDMマーケティングの基本を確認して行きます。


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


2019年の音楽消費スタイル=ストリーミングサービス

Statistaより

さて、長い間の努力が実り、やっと自分のオリジナル曲が完成しました。ただ、この後はどうやって世界に曲を発表すれば良いのでしょうか?そこで、まずは「世界の消費者がどうやって音楽を聞いているのか」を理解しましょう。

まずは、上の図を見てください。現在、世界ではストリーミング・サービス(Spotify, Apple Musicなど)が主流となっています。ストリーミング・サービスとは、月に定額(1,000円前後)を支払うことで、クラウド上の曲(世の中にあるほとんど全ての曲)が聞き放題になるというサービスです。

これは、私たち個人プロデューサーにとっては「美味しすぎる話」です。今までのプロデューサーは、SonyやWarnerといった大企業と契約しない限り、世界の商店ではCDを販売できず、ほとんど誰にも聞いてもらえない=稼げない状況でした。しかし一転、今では個人が単純にネットに曲をアップロードするだけで、世界中の消費者に音楽を届けることができます。つまり大企業無しでも、完全に個人の力のみでファンを作れる時代が、到来したのです。

楽曲の配信(Digital Distribution)

aristake.comより

ということで、様々なストリーミング・サービスに曲をアップロードしましょう。このことはDigital Distributionと言います。

このDigital Distributionは、現在は専門の会社(上の画像のような会社)を経由すれば、個人でかなり安価に行うことができます。(年1,000円くらいで無制限にアップ可能)一方で、従来通りレコード会社と契約し、彼らにやってもらうこともできます。ここでポイントなのは、レコード会社と契約すると、

  • 広告・宣伝をしてもらえる代わりに、ロイヤリティーを取られる(売上の一部を取られる)

ということです。「自分の力で宣伝できるぜ!」という方はもちろん個人でアップロードしたほうが良いでしょうが、「Spinnin’ Recordsで出された曲」「Monstercatで出された曲」などのお墨付きがあれば、この後の「宣伝・広告」を、かなり良くしてくれますので、レコード会社との契約は必ずしも悪いもので無いことに注意しましょう。

レコード会社との契約を取る方法は以下の記事↓で、

個人でSpotifyやApple Musicなどのサービスに曲をアップロードする方法は以下の記事↓で紹介しています。

 

広告・宣伝(PR)=個人ブランドの確立

あなたのブランド価値は?

さて、やっとSpotifyやApple Musicにアップロードが出来ました。ただ、あなたは必ずこの悩みに直面するはずです。「再生数が全然増えないんだけど!」それもその通りで、世界中にはプロデューサーは無数にいますので、あなたがどんなに素晴らしい曲をアップしても、あなたがSNSなどで有名でない限り、ほとんど誰も気づいてはくれません。そこで、ここからは周りから頭一つ抜け出るための広告・宣伝をやっていく必要があります。

周りから頭一つ抜け出るための広告・宣伝とは、つまり個人ブランドを作るということです。この個人ブランドを理解するには、自分の好きなプロデューサーを想像して見て、自分はそのプロデューサーに関して、「なぜ」「いつ」「どこで」「何が」好きなのかという事を分析するのが一番です。

例えば、いつもSNSで面白い投稿がある。かっこいいYoutubeのミュージック・ビデオが印象的だった。Spotifyのプレイリストでいいなと思って知った。など色々あるでしょう。そこで、ここからの記事では

  • ビジュアル・ブランディング (ロゴ画像やジャケット画像)
  • SNSでのブランディング (Instagram, Youtube, Twitter, Facebookの活用)
  • 3大音楽サービスSpotify・Soundcloud・Youtubeの攻略

といったマーケティングのテクニックを紹介していきます。これを全て順番にクリアして行けば、徐々に再生数が増えていくはずです。

Content is king, but distribution is queen

コンテンツ>マーケティング!?

最後に、マーケティングのマインド・セットを紹介して終わりにします。海外の音楽ビジネスでよく言われるのが、

Content is king, but distribution is queen.(=コンテンツの質は一番大事だが、配信や宣伝などのマーケティングは、次に一番大事なことだ)

という言葉だそうです。「あのプロデューサーは、マーケティングが上手いだけで、楽曲は丸パクリ」だとか、「あいつは宣伝ばっかやっていて、全然曲はつまらない」、などはプロデューサーの間では非常によく聞く愚痴です。ですが、マーケティングはやらなければ、いつまで経っても誰も聞いてくれませんし、自分の楽曲を本当のファンに届ける日はやってきません。

楽曲はもちろん大事。でも、マーケティングもやらなきゃダメ。少し面倒な気がする人もいるかもしれませんが、マーケティングをクリアすることで真に評価されるプロデューサーになれるのは間違いありません。そのための情報はここから全て解説していきます。それでは、また次回の記事でお会いしましょう。Happy Producing<3

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


 

カテゴリー: マーケティング