ロゴやジャケットを作りたい!

現在、EDMマーケティング講座ということで、全11回にわたり、日本人の個人EDMプロデューサーが海外で活躍する方法を解説しています。今回は、EDMマーケティング講座の5回目ということで、日本人の個人プロデューサーが、オリジナルで高品質のロゴ画像や、ジャケット画像を作る方法を解説していきます。

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


視覚的なブランドの重要性

San Holo – bitbird

あなたの好きなアーティストを思い浮かべると、何が一番初めに思いつきますか?例として、最近成功したアーティストである、San Holoのレーベルであるbitbirdのショップや、San Holoのインスタグラムのぞいてみましょう。彼が視覚的に「虹色」「ミニマル・デザイン」「小鳥」といった要素を多用しているのがわかるかと思います。これは、そのおかげで、彼は音楽を強い視覚的イメージに結びつけ、人々に覚えてもらうことを目的としています。

個人的にSan Holoは、Monstercat時代が終わってから急にマーケティングが上手くなったと感じています。恐らくHeroicがバックで強力なマーケティング・サポートをしているのだと思います。この頃から急に人気が跳ね上がったな、という印象です。

やはり強大なチームのサポートがないと、個人でブランディングは不可能なのでしょうか?いいえ、ノウハウを知ってさえいれば、個人でも視覚的ブランドを作っていくことは可能です。それでは、解説していきます。

自分のスタイル=一貫性を決める

アマチュアでよくあるのが、適当なフリー素材などを多用しすぎて、何だか散らかったイメージを与えていまうパターンです。まずは、あなたの曲の雰囲気を、具体的に言語化してみることから始めましょう。

  • 落ち着いている
  • 激しい
  • 自然豊か
  • 都会的

など、思いつく限り自分の曲のイメージに近い単語を挙げていきます。そしたらその言葉から、

  • 色(明るい?暗い?カラフル?)
  • 形(丸?四角?滑らか?デコボコ?)
  • スタイル(フォントは?ミニマル?雑多?)

といった要素を具体的に決めていきましょう。このトピックに関しては、以下の記事

Canva : 5 visual branding mistakes

で完璧な解説がされていますので、必ず読んでおきましょう。

ロゴを作る

自分のアーティスト・ロゴを作ってみましょう。単純にアルファベットを並べても良いですし、イニシャル頭文字や抽象的なイラストでも良いでしょう。Adobe IllustratorCanvaを使って、ロゴを作りましょう。

ジャケット画像を作る

次は、ジャケット画像の作り方です。tunecore.comによると、ジャケット画像の形式は、

  • JPG, PNG, or GIF 形式
  • 完全な正方形
  • 最低でも 1600 x 1600 pixels (iTunesは3000 x 3000 pixels)
  • 最高品質RGBカラーモード(白黒画像でも)
  • 解像度は、最低でも72 dpi (300 dpi なら尚よし)
  • アーティスト名と曲のタイトルしか、文字を入れてはいけない(E-mailアドレスやURL、価格などを入れてはいけない)

という決まりを守れば、どんな画像でもOKです。UnsplashShutterStockAdobe Photoshopなどを活用して、高画質のジャケットを作りましょう。

ロゴとジャケットができれば、EDMプロデューサーとしては、周りに差をつけることができます。早速作ってみて下さいね。それではまた、次回の記事でお会いしましょう。Happy Producing<3


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


 

カテゴリー: マーケティング