EDMでプラック音を作るには?

どうすればEDMのプラック音を作れるの?プラックとは、いわゆる「シンセで作る弦楽器」のことです。今回の記事では、

  • プラック音とは何か
  • プラック音の作り方
  • プラックの曲中での応用方法

の3点を紹介していきます。それでは早速、はじめていきましょう。

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。

 


1. Pluck音とは何か

↑有名なイントロ

プラック音が何かそもそも知らない方もいるかもしれません。プラック音で最も有名なのは、上のDeadmau5 – The Veldtで使われているシンセ音です。Progressive Houseでは特に頻繁に使われる音で、ギターのような爽やかな音が特徴です。

2. 作り方

Deadmau5の実演 (7:36〜)

上の動画は、実際にライブストリーミングでDeadmau5がPluckを作っている様子です。実は、Pluck音を作るのはとても簡単です。基本的には、Saw波にFilter Envelopeをかけるだけで完成します。

3. 応用方法

もし、単にFilterをかけるだけの音では物足りない、という方がいましたら以下の技を試してみてください。

  • Click音やノイズをレイヤーする…アタック感が足りないと感じたら、何か短めのサンプルを一緒に鳴らすと効果的です。
  • コードを面白くする…物足りなさの原因は、音楽理論由来のこともあります。5th,7th,sus2などの音を足すと、狙いのサウンドになることがあります。
  • Pitchオートメーション…Pluckのなり始めの10ms (ミリセカンド)の間だけ、一瞬音を高くして、元に戻す裏技です。アタック感が増えますので、ぜひお試しください。

短めでしたが、以上で、プラックの音作りの解説を終わります。何か疑問点があればコメントお待ちしています。それでは次の記事まで、Happy Producing<3

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。