ヘッドホンは買う必要があるのか?

EDMを作る上で欠かせないのが、ヘッドホンによるモニターです。良質なヘッドホンを選ぶことで、スピーカーではできなかった

  1. 細かい音作りができる
  2. イヤホン・ヘッドホンユーザー向けのミキシングができる

といったメリットがあります。まずはモニターヘッドホンを選ぶときのポイントを解説していきたいと思います!

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。

 


選ぶポイント

 

  1. 周波数特性
  2. 周波数域
  3. 密閉型か開放型か
  4. On-ear か Over-ear か

がありますので、順番にみていきましょう!

 

周波数特性

画像引用サイト

周波数特性とは、ヘッドホンが出す低域・中域・高域の音量バランスのクセのことです。

上の画像だと、高域に行くに連れて強調されているのがわかりますね。

ここで、EDMなどの楽曲制作に適したヘッドホンについて考えてみましょう。仮に低域が強められている周波数特性のヘッドホンを使って楽曲をミキシングをしたとします。自分はヘッドホンによって「盛られた」低音を聞いていますから、元の楽曲のデータの低音は、他の人が作った曲の低音より相対的に小さくなってしまいます

そういうわけで、低域・中域・高域がバランスよくでる、フラットな周波数特性を持っているヘッドホンが良いのです。

 

周波数域

周波数域とは、ヘッドホンが何Hz〜何Hzまで鳴らすことができるか、を意味します。

Equipboardには、以下のように書いてあります。

Humans can generally hear from 20Hz all the way to 20,000 Hz. …(略)… Some headphones have a frequency response that spans beyond that which humans can hear (5 to 35,000 Hz for example). This does not make their sound quality better.

Equipboard – Top Studio Headphones for Music Production – January 2017

人間に聞こえる周波数は20Hz〜20,000Hz。その域を超える周波数を出すヘッドホンは、音質が良くなっているわけではない、のだそうです。

つまり、20Hz〜20,000Hzがしっかり出ているのかを確認しさえすれば良い、ということですね。

ちなみにEDMでは40〜110Hzあたりの帯域はかなり重要です。なぜなら、EDMの踊りたくなるグルーブ感を担っているのはこの超低音域だからです。ここの帯域がカットされているヘッドホンを買う時は注意しましょう。

 

密閉型か開放型か

Equipboard – Top Studio Headphones for Music Production – January 2017

上の画像では、左が密閉型、右が開放型になります。それぞれのメリットは、

密閉型のメリット

  1. 周りの環境音に邪魔されない
  2. 自分の音が周りに音漏れしない

開放型のメリット

  1. 音場が広く、自然に空間でなっているように聞こえる
  2. 低音が密閉型より強調されて聞こえないため、フラットで正確な周波数特性
  3. 静かな環境であれば、密閉型より正確なモニタリングができる

となります。以上をまとめると、音漏れしたくない方・ノイズの多い場所で制作をする方以外は、開放型にするとより正確なモニタリングができそうです。

 

On-ear か Over-ear か

Equipboard – Top Studio Headphones for Music Production – January 2017

上の画像では、左がOn-Ear (耳を覆わないタイプ)、右がOver-Ear (耳をすっぽりと覆うタイプ)です。それぞれのメリットは

On-Earのメリット

  1. サイズがコンパクトなので持ち運びに適している

Over-Earのメリット

  1. 遮音性に優れ、より音がクリアに聞こえる
  2. 耳にフィットするため、より正確にリスニングができる

となります。まとめると、移動が多い生活で、移動中に作りたい、という方以外はOver-Earを選ぶ方がよりモニタリング精度は上がりそうです。

 

まとめ

EDM制作に適しているヘッドホンは、

  1. 低域・中域・高域がバランスよくでる、フラットな周波数特性を持っている
  2. 20Hz〜20,000Hzがしっかり出ている
  3. 音漏れしたくない・ノイズの多い場所で制作をする方以外は、開放型
  4. 移動中に作りたい、という方以外はOver-Ear

ということになりました!それでは、これを踏まえてお勧めのヘッドホンを5つ紹介します!

 

 

おすすめ5選

おすすめ基準は、海外フォーラムの投票数です

1位 Audio-Technica ATH-M50x

投票数 : 75
>ヘッドホンの詳細を確認する<

密閉型・Over-Ear

購入サイトへ

 

 

2位 Beyerdynamic DT 770 PRO-80

投票数 : 41
>ヘッドホンの詳細を確認する<

密閉型・Over-Ear

購入サイトへ

 

 

3位 Beyerdynamic DT 880

投票数 : 27
>ヘッドホンの詳細を確認する<

半密閉型・Over-Ear

購入サイトへ

 

 

4位 Sony MDR-7506

投票数 : 24
>ヘッドホンの詳細を確認する<

密閉型・Over-Ear

購入サイトへ

 

 

5位 Sennheiser HD 280

投票数 : 19
>ヘッドホンの詳細を確認する<

密閉型・Over-Ear

購入サイトへ

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。

 

カテゴリー: スタジオ機材