プラグインって何を選べば良いの?

今回の記事では、EDM制作用のVSTプラグイン(Instrument)を買うにあたって、

  • プラグインとは何か?
  • 購入時に注意すべきポイント
  • おすすめの人気VSTプラグイン

の3点を紹介して行きたいと思います。それでは早速、始めましょう!

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。

 


VSTプラグインとは何か

プラグインとは、簡単に言えば「PC上の仮想の楽器やスタジオ機材」のことです。PCで扱うときの主な規格がVSTというので、VSTともよく呼ばれます。このVSTプラグインには種類が2つあって、

  • Instrumentプラグイン
  • Effectプラグイン

に分かれています。その中でも今回はInstrumentプラグインを紹介していきます。Instrumentプラグインとは、MIDIキーボードを使ってPC上で弾き、音を作り出すことができる仮想の楽器のことです。例えばピアノやギター、オーケストラ楽器などの現実でよく使う楽器もあれば、EDM特有の、音作りができ自分だけのサウンドを作れるシンセサイザーなどもあります。これらを使って、実際にメロディーやコードを作り、楽曲を組み立てていきます。

オススメの人気プラグイン

それでは、実際に現役プロデューサー達はどんなプラグインを使っているのでしょうか?今、EDM業界で最も人気のInstrumentプラグインは、

・ピアノ

・ギター

・オーケストラ音源 (バイオリンやフルートなど)

・シンセサイザー

あたりと言われています。これは私がRedditやYoutube、友人などから集めた情報です。なので、とりあえずこの名からご自身が気に入ったものを購入すると良いと思います。

選び方を詳しく知りたい方は

ただ、初心者のうちはこんなにたくさん買うのは厳しいと思うので、とりあえずDAWに初めから入っているVSTプラグインで頑張ってみて、こんな音が欲しいな、と自分の作りたいサウンドが明確になったら買うといいと思います。その他、さらにご自身でもVST音源についてどんなものがあるのか詳しく知りたい方は以下の記事が参考になると思います。

・ピアノ

・ギター

・オーケストラ音源

・シンセサイザー

当たり前ですが、プラグインを買うときはAmazon、サウンドハウス、楽天など複数サイトでカスタマーレビューを見るのを忘れずに。あなたの相棒となるプラグインが見つかると良いですね。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。Happy Producing<3

 


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。

 


 

カテゴリー: プラグイン