みなさんこんにちは。EDM Matrixです。今回の記事では、近年日本でも盛り上がりを見せたEDMジャンルである「Future Bass」について解説していきたいと思います。この記事を読めばあなたは、

  • Future Bassとは何か
  • Future Bassのおすすめ曲
  • Future Bassのおすすめアーティスト

が分かるでしょう。それでは早速始めます!


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


Future Bassとは何か

音楽において「百見は一聞に如かず」です。まずは上のプレイリストで、2019年までにリリースされたFuture Bassの代表曲リストを聞いてみてください。聴いていただけば分かると思いますがFuture Bassは、

  • LFOを使ったシンセPad
  • Trap系のDrum
  • ボーカルチョップ
  • 7thや9thを使ったリッチなコード

などが特徴のEDMジャンルです。最近では、日本のアニメ文化に影響を受けたKawaii Future Bassといったサブジャンルも確立されるようになってきています。

そもそもFuture Bassは、始めはTrapの派生としてSan HoloFlumeIlleniumWave Racerといったプロデューサーが作った曲に新規性を感じたファンによって、ジャンル分類されるようになった背景があります。

個人的な見解としては、Trapからダークさを抜いて、Progressive Houseといった爽やかジャンルからサウンドデザインを持ってきて、JazzやRnBなどから音楽理論を少し借りたと思っています。ですが、実際はパイオニアであるアーティストそのもののブランドなのかもしれません。

ここからはEDM Matrix的Future Bassのベスト5を紹介します。今回はFuture Bassを知らない人のためにも、あえて有名な曲のみの紹介です。

Future Bassのおすすめ曲/アーティストベスト7

7. Panama – Always (Wave Racer Remix)

6. DROELOE – Sunburn

5. Grant Bowtie – High Tide

4. Virtual Riot – Stay For A While

3. Flume – Never Be Like You feat. Kai

2. Illenium – Fractures (ft. Nevve)

1. San Holo – Light

以上のアーティスト達を抑えれば、Future Bassという広い世界の入り口には立ったと言えるでしょう。Indieのアーティストも含めれば、まだまだとてつもない量のCheckすべき曲・アーティストがいます。ぜひあなたなりの方法でdigしてみてください!それではまた次回お会いしましょう。


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


カテゴリー: EDMジャンル解説