今回の記事では、FL Studioの純正プラグインである、「Stereo Shaper」について解説していきます。この記事を読めば、あなたは

  • Stereo Shaperとは何か
  • Stereo Shaperの使い方

がわかるでしょう。それでは早速始めます!


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


Stereo Shaperとは何か

Stereo Shaperとは、一言で言えば「Haas Effectを作る」プラグインです。Haas Effectとは、

でも紹介しましたが、「素早く、短い時間の間にPanを動かす」エフェクトでした。具体的に言えば、左でなった音が0.02秒後に右でなっているイメージです。

Haas Effectのメリットは、ミックスで置き場所に困った音に使えることです。Panを振ってもうまくミックスできない音にぜひ使いましょう。

Stereo Shaperの使い方

Stereo Shaperの使い方は前回の「Stereo Enhancerの使い方」よりシンプルです。

右上の「Delay」のノブを左右どちらかにずらしましょう。また、角度はだいたい90度以内には収めたほうが良いでしょう。それ以上ずらすと、左右バラバラの音に聞こえてしまいます。

ポイントは、楽器をソロで聞かないで、全体のミックスの中で聞くことです。周りの楽器とうまく分離してくれるポイントを探りましょう。

参考:さらにステレオを強化したい人向け

FL  Studioの純正プラグインも良いですが、それ以外にも、Ozoneなどの質の高いStereo Enhancerプラグインはあります。以前の記事である、

にて、ステレオ強化は詳しく解説していますので参考にしてみてください。以上で、Stereo Shaperの解説を終わりたいと思います。それではまた、次の記事でお会いしましょう。Happy Producing<3


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


カテゴリー: FL Studio