みなさんこんにちは。EDM Matrixです。今回の記事では、その爽やかなサウンドが日本でも人気のあるEDMジャンルである「Progressive House」について解説していきたいと思います。この記事を読めばあなたは、

  • Progressive Houseとは何か
  • Progressive Houseのおすすめ曲
  • Progressive Houseのおすすめアーティスト

が分かるでしょう。それでは早速始めます!


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


Progressive Houseとは何か?

上のSheepyミックスを聴いていただければわかると思いますが、Progressive Houseとは、

  • Filtered Saw Wave(シンセ)
  • 大きなリバーブ・Pad
  • Susを多用したコード進行
  • パンチのあるDrum

などが特徴であるEDMジャンルです。その爽やかなサウンドから、いつも他のEDMとは一線を画しています。ただ、最近はこのような曲も大手のSpinnin’などのレーベルからProgressive Houseと呼ばれることもあり、「結局、プログレって定義がわからない」と思っている方もいることでしょう。

そこで、「何が本物のProgressive Houseなのか」は、Nigel Goodのインタビューにてよく解説がされていますので、参考にしてください。

(中略)

MA Ok here’s one for a debate – do you have a feeling that progressive house now seems to have lost its direction?

NIGEL The problem is that progressive house still exists, but there has never been more disagreement about what it actually is. “Progressive” is an ambiguous term to begin with. If we want to keep with the original classification of progressive house, I don’t even think I can call my music progressive house. But like any genre, it will morph over time into what we know as progressive house today. The reason there is so much disagreement now over the genre though is that so many tracks that are obviously not progressive get released as progressive. Top 100 progressive house chart on Beatport is mostly filled with very pop-like house or electro. What we know to be progressive house doesn’t get any exposure. Back in 2008 or so, the top 10 was filled with the progressive we know, but that is no more. Hopefully we can reclaim the genre sometime, but all this music that gets released as progressive is having an effect on what people think progressive really is. It’s hard because as a producer you want people to find your music. At least there are some great progressive radio shows, stations, and labels (Silk, Portrait, Intricate, Mango Alley, etc)

MA So you too think that the problem is not in the genre, but mostly in that for some reason all the bigroom and electro tunes are called proghouse?

NIGEL Yea, I think that’s having an effect on the genre. And as a result, we might be making our music a little more atonal and louder, even if that’s going against what we really wanted our music to sound like.

MA The problem is created artificially, and I wonder why no one makes anything about it, and why “electro” or “bigroom” genres are no longer good for those tracks which are now called progressive. So How do you see the future sound of your project?

NIGEL I think I’m going to get a little more acoustic. Still very lush and melodic, though. I’ll never change that. I want to incorporate good vocalists more often too. I’m a novice at vocal processing though!

THE ALLEYS Mag. より抜粋

簡単に要約すると、

  • 2008年頃はもっと「アコースティックでLushでメロディックな」プログレッシブ・ハウスが作られていたが、最近はいわゆる「Bigroom」だったり「Electro」といったPopミュージックがプログレッシブ・ハウスと呼ばれるようになってきている。
  • それにつられて私たちも、無理して「音を大きく、メロディを少なく」曲を作るようになってしまってきている。今後は、その流れの逆へシフトし、本物のプログレッシブを作っていきたい。

といったところでしょう。彼のような古き良きプログレッシブ・ハウスを聞きたい方は、彼のいう

といったレーベルを聴いてみましょう。それでは最後に、おすすめのプログレッシブ・ハウスの曲とアーティストを紹介して終わりです。

Progressive Houseのおすすめ曲/アーティスト 7

Nigel Good – Nothing Out Here

Kozoro – Silhouette

ZENI – After Glow (feat. Danyka Nadeau)

EDX – We Can’t Give Up ft. Tom Gregory

Xanwow – Wonders

deadmau5 – The Veldt (feat. Chris James)

Talamanca – A Day At The Beach


【FL Studio テンプレート Pro】

お金なし・人脈なし・時間なしのアマチュアでも、プロのレーベルに採用される楽曲を作れるFL Studioのテンプレート。


カテゴリー: EDMジャンル解説